SSKセールス株式会社

OEM事業

経営理念

当社の前身である「清水食品株式会社」は、昭和4年(1929年)に設立されました。

そして翌年より、国内初の鮪油漬缶詰を本格的に製造し、米国に輸出を開始しました。1956年には、世界で初めてポリエチレンチューブ入りマヨネーズの生産を開始しました。

その後1978年には、ドレッシングやマヨネーズを生産・販売する「エスエスケイフーズ株式会社」を分社化しました。

2011年より、マーケティング・販売に特化した「SSKセールス株式会社」として新たに事業活動を開始し、2016年より製販一体となった現体制で活動しております。

また、2008年よりスープ缶の世界的ブランド「キャンベル」の、2013年からはイタリアの老舗パスタブランド「ブイトーニ」の国内総代理店としても活動しております。

私たちは、共生(ともいき)の精神の下、『まごころとおいしさのSSKセールス』をモットーに、常にお客様の目線で、お客様にご満足頂ける価値を、まごころ込めて提供し続ける企業活動に邁進し、「食」と「健康」を通して、より良い生活文化の向上に貢献してまいります。

代表取締役社長 宮崎 晋一

Company