SSKセールス株式会社 RECRUITING SITE 2019

中途採用ENTRY 新卒採用ENTRY
鈴木 誠 鈴木 誠

Interview

営業活動の中で 理系の知識が役に立っています

MAKOTO SUZUKI

2013年入社 OEM・PB営業部

大学院で腸内細菌や乳酸菌について研究をしていました。バスケットボールサークルに所属し、今も趣味で続けています。

鈴木 誠

SSKセールスに
入社した
理由は?

食品関係の企業を希望していましたが、食品会社に入るからには自分がおいしいと思える商品を扱う会社に入りたいとも思っていました。当社の「黒みつ豆寒天」は子どもの頃から好きで食べていて、馴染みがある商品でしたし、経営理念の「まごころとおいしさ」という言葉に共感したのも理由の一つです。

鈴木 誠

入社後の
経歴は?

入社から1年半程は、東京支店へ配属となり、家庭用商品の営業を担当しました。スーパーマーケットの担当者や問屋さんとの商談、スーパーマーケットを巡回して店頭商品のフォローなどを行っていました。その後、他の営業部門を経てOEM・PB営業部にて「相手先ブランド製造」の営業に従事して約2年になります。

現在の
仕事内容

得意先へのアプローチや依頼を受けて、他社ブランド製品を受託製造するための営業活動です。工場で最初の製造、テストを行い、その結果を得意先へフィードバックします。当社の開発担当者だけでなく、お客様の開発担当者から要望をいただくこともあるので、それらをまとめて一つにしていきます。理系出身のため、工場で検査などに立ち会う際、学んできた知識があるからこそ理解できる場面も少なくありません。

仕事をする上で
心がけて
いること

取り扱うアイテムによって個性もご要望も異なるので、すぐにフィードバックできるよう、確認をスピーディーに行うことを心がけています。また、お客様は、開発担当の方からそうでない部署の方まで幅広く、工場や開発に関わる用語・知識も様々なため、話し方・伝え方に注意しています。

就活生に
メッセージを!

それまで自己分析をする機会もほとんどありませんでしたが、就職活動では、自分がどうしたいのか、どんなふうに働きたいかを見つめ直すいい機会になりました。妥協せずに頑張ってほしいですし、楽しくできることが一番ですが、体力的にも精神的にも大変だと思うので、疲れたら無理せず休みましょう。