沿革

昭和 4年(1929) 鈴木与平(6代)を取締役社長として清水食品株式会社を設立。
昭和 5年(1930) 日本で初めて鮪油漬缶詰を本格的に製造し、米国に輸出開始。
昭和16年(1941) 鮪から抽出したインシュリンの製造を企業化。
昭和28年(1953) 福島工場開設。
昭和37年(1962) 喜多方工場開設。
昭和44年(1969) 鮪油漬缶詰をホワイトツナの名で国内販売開始。
昭和46年(1971) 東京支店、名古屋支店開設。国内販売体制を整える。
昭和48年(1973) プリンゼ発売。
昭和49年(1974) 焼津工場開設。
昭和54年(1979) 焼津工場の飲料ライン完成。
昭和59年(1984) 寒天事業部を新設。
昭和61年(1986) 寒天事業部新工場落成。
平成 元年(1989) 焼津工場ハイパー・Sライン完成。
平成 2年(1990) 食品総合研究所完成。静岡支店開設。
平成 5年(1993) 食材事業部新設。(現業務用事業部)
平成 7年(1995) 本部、静岡市に移転。
平成 9年(1997) 焼津工場ペットボトルライン完成。
平成10年(1998) 飲料事業部新設。
平成12年(2000) OEM事業部新設。
平成13年(2001) 福島第三工場改築、喜多方新工場建設、焼津缶ライン改装、ミヤカン工場改築など 大幅な設備改善を実施。
焼津トレーランライン完成。(医薬品)
平成14年(2002) 福島第三工場ドレッシングライン完成
平成16年(2004) 飲料事業及び焼津エスエスケイ食品をエスエスケイフーズに譲渡
平成17年(2005) 東北エスエスケイ食品(株)を合併、東北事業部となる。東北事業部ISO9001-2000取得。
平成20年(2008) キャンベルジャパン(株)とキャンベルスープ家庭用製品の国内総販売代理店(沖縄県を除く)契約を締結する。
平成23年(2011) SSKセールス(株)へ販売事業を譲渡。
平成24年(2012) SSKプロダクツ(株)へ製造部門を譲渡。
平成24年(2012) 資本金を3億円から4億9900万円に増資