美味しい食べ方

豚バラ肉とキュウイ、アーモンド シナモン風味のエリーケ




印刷する

夏野菜のペペロンチーノ

材料(2人分)

ブイトーニ エリーケ

100g
豚バラ肉(ブロック4カット) 200g
キュウイ 2個
たまねぎ 2分の1個
トマトホール 200cc
シナモンスティック 1本
月桂樹 1枚
アーモンド 適量
エクストラバージンオリーブオイル 適量
適量

作り方

  1. 豚バラ肉ブロックをカットし、塩をふっておく。キュウイを4分の1カットにする。
  2. 豚バラ肉を、余分な脂をキッチンペーパーでふきとりながら、フライパンで中火でじっくり焼く。焼き終えたらキッチンペーパーの上にのせ、油を切る。
  3. たまねぎはスライスしておき、オリーブオイルをひいたフライパンで炒め、しんなりしたら火からおろす。焼いた②の豚バラを入れ、キュウイとトマトホールを入れ、月桂樹、シナモン、アーモンドと共に水も少々加え、中火で煮込む。豚バラ肉が柔らかくなれば完成。
  4. たっぷりのお湯に塩を入れ、エリーケを茹でる。
  5. フライパンに③のソースを入れ、茹で上がったエリーケを混ぜ合わせる。お皿に盛り、オリーブオイルをまわしかけたら完成。
【food-trip出張パスタ•シェフ/石川 進之介】

10代から”食”に興味を持ち、東京・大阪のレストランやカフェで料理を学び、星付きイタリアンレストランで”パスタ”の腕とセンスを磨いた実力派。数多くのアパレルブランドのケータリングも担当し、フランス衣料雑貨A.P.C.の10周年パーティをはじめ、さまざまなイベントでも腕をふるっている。
過去にアパレル-ブランドでもモデルをしていた持ち前のキャラクターと、声の良さも加わり、都内では女子会&主婦会などの出張パスタパーティーでは、多くの女性ファンを魅了している。
一方では、「食の旅」の案内人として、地域の食材が放つ光をキャッチ!素材の味が輝く一皿へ。地域社会が活性化するパスタを提案している。フライパンと包丁をキャリーバッグに入れ全国を飛び回っている。

ジャンルにとらわれないその人、その地域、その環境に見合った一皿を独自のセンスで展開中。


「おいしいの笑顔で日本を元気にしていきます。」シェフの出張パスタ日記

  • 次のページへ